RECIPE|熾る炭化綿

RECIPE

熾る炭化綿を使った、おいしいレシピ

焼き茄子
鯛の奉書焼き

焼き茄子

1

炭化チップを投入

炭化チップを投入

「炭化チップ」を薄く敷きます。

2

竹串を刺す

竹串を刺す

爆発防止のために茄子に竹串を刺し、空気穴をつくります。

3

バーナーで着火

バーナーで着火

バーナーで炭化チップを着火後、「熾る炭化綿」を敷き詰めます。

4

茄子をロースターに入れる

茄子をロースターに入れる

敷いた炭化綿の上(橋本さん曰く”炭ふとん”)に茄子を横たわらせます。

5

炭化綿をのせる

炭化綿をのせる

横たわらせた茄子の上に再度熾る炭化綿をたっぷりのせ、表面をやさしく押え、平らに整えます。

6

バーナーを表面に当てる

バーナーを表面に当てる

バーナーの火を「熾る炭化綿」の表面全体に当て、タイマーを12分セットします。

7

炭化綿の温度をチェック

炭化綿の温度をチェック

熾っている炭化綿の温度は、手をかざして、やわらかく感じるくらいが良い。

8

茄子を取り出す

茄子を取り出す

茄子を取り出します。炭化綿の中で焼くので、満遍なく加熱することが可能。

9

弾力をチェック

弾力をチェック

茄子を表面を押すと弾力がある仕上がりになります。

10
完成

完成

茄子の紫色は鮮やか。遠赤外線効果でしっとりジューシー。薬味をたっぷり添えて、うどんつゆで味わってください。

鯛の奉書焼き

1

奉書をロースターに入れる

奉書をロースターに入れる

具を包んだ奉書はアルミホイルきっちり包み”炭ふとん″へ置く。

2

炭化綿を乗せて焼く

炭化綿を乗せて焼く

バーナーの火を「熾る炭化綿」の表面全体に当て、タイマーを12分セットします。

3

奉書を取り出す

奉書を取り出す

奉書を開くと鯛と山椒の香りが立ちのぼります。

4
完成

完成

鯛、煮筍、山椒を一晩酒に浸した奉書で包み、「熾る炭化綿」で蒸し焼きに。遠赤外線効果で鯛はふっくら。